SELF WHITENING HALLY

安いホワイトニングの方法は?手軽にできるホワイトニングはこれ!

安いホワイトニングの方法は?
手軽にできるホワイトニングはこれ!

安いホワイトニングの方法は?手軽にできるホワイトニングはこれ!

2022/02/26

鏡で自分の歯を見てみたときに着色汚れが気になったら、ホワイトニングを検討するでしょう。ホワイトニングなら着色汚れがある歯もきれいな白い歯にできます。しかし、ホワイトニングは料金が高そうということで、迷う人も多いかもしれません。 ここでは、ホワイトニングの料金相場や安くできるホワイトニングの方法について紹介します。

歯科医院でのホワイトニングの料金相場 

ホワイトニングは歯科医院で行うことができますが、虫歯や歯周病の治療と異なり、健康保険が適用されません。全額自費で行うことになるため、費用が高額になりやすいのが特徴です。

ただ、歯科医院でのホワイトニングにはいくつか方法があり、価格帯にも幅があります。ここからは、歯科医院での施術について費用を含めて紹介します。

施術方法は、大きく分けると次の3種類になります。

 

・オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院に通院して、歯科医師に行ってもらうホワイトニングのことです。漂白成分のある「過酸化水素」や「過酸化尿素」を使用します。少ない回数でも、効果を実感できる人が多いです。人によっては1回のみでも、歯が白くなったと実感できることもあります。

ただし、いったん白くなっても、それが長く続くわけではありません。3ヶ月から半年程度経過すると元に戻ってしまうことが多いです。

費用相場は安いところだと1万円程度、高いところだと7万円程度とかなり幅があります。ホワイトニング専門のクリニックだと、比較的安いところが多いです。

 

・ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、歯科医院でマウスピースを作ってもらいます。そのマウスピースと専用の薬剤を使用して、自宅でホワイトニングを行うというものです。歯科医師から使い方ややり方の説明を受け、マウスピースに薬剤を塗るなどの作業は自分で行います。

効果が実感できるまでにやや時間がかかり、毎日行った場合でも2週間程度はかかるでしょう。一方で、効果が持続する期間も長く、半年から1年程度保つことができます。

費用相場はオフィスホワイトニングよりは安めで、2万円から4万円程度です。

 

・デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。最初にオフィスホワイトニングを行ってから、ホームホワイトニングも行います。短期間で歯を白くしてから、ケアを続けていくという方法です。

オフィスホワイトニングだけだと、効果があまり持続しませんが、ホームホワイトニングでケアをすることで長持ちさせることができます。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの良いところ取りといえるでしょう。

両方行うため費用相場は高めで、5万円から8万円程度ですので、安さを求める人にはあまり向かないでしょう。

安くお手頃にホワイトニングするならセルフホワイトニングがおすすめ

歯科医師で行うホワイトニングは軒並み費用が高めです。安さを重視する場合にはセルフホワイトニングを行うのがいいでしょう。セルフホワイトニングはサロンで行う方法と、市販のホームホワイトニンググッズを購入して自宅で行う方法があります。

 

・セルフホワイトニングサロン

セルフホワイトニングサロンは、ホワイトニングをするための道具が置いてあるサロンのことです。その道具を使用して、自らケアを行います。スタッフは医療従事者ではないため、受付や案内などをするだけで施術を行うことはありません。

料金は2,000円から5,000円程度とリーズナブルで、安くホワイトニングをしたい人は、選択肢のひとつとして検討してみると良いでしょう。

 

・市販のホワイトニンググッズ

市販のホワイトニンググッズを購入する方法は、自宅でできるためセルフホワイトニングよりさらに手軽です。値段は安いものだと300円程度で高いものなら1万円程度と、種類によって大きく異なります。

 

・ホワイトニング歯磨き粉

市販のホワイトニング歯磨き粉は、一般の人でも安全に使用できるように作られています。そのため、過酸化水素や過酸化尿素などは配合されていません。使用方法も簡単で、大半のホワイトニング歯磨き粉は、通常の歯磨き粉と同じようにして使用できます。

ただし、海外で販売されているホワイトニング歯磨き粉を購入しようとしている人は要注意です。海外の製品には、過酸化水素や過酸化尿素が使用されているものもあります。

 

・マウスウォッシュ

マウスウォッシュは、歯に汚れが付きにくくするためのホワイトニンググッズです。

主に食後や歯磨きをした後などに使用します。すでに汚れてしまった歯を白くしたい場合には、効果は実感しにくいです。どちらかといえば、汚れを防止したい場合に向いています。

 

・歯の消しゴム

歯の表面を擦って汚れを落とすホワイトニンググッズです。鉛筆で書いたものを消しゴムで消すのと同じような使い方をします。タバコのヤニが原因の汚れに効果的です。

ただし、研磨剤が含まれているものが多く、強く擦りすぎると歯の表面が削れてしまうことがあるため注意しましょう。

セルフホワイトニングはどんな人に向いている?

セルフホワイトニングは、歯の本来の白さを取り戻すものです。本来の色以上に白くすることはできません。その点を理解した上で利用するようにしましょう。輝くような白さの歯を手に入れたい人には、あまり向かないかもしれませんが、食べ物や飲み物、タバコなどによる着色汚れを落としたい人におすすめです。

また、歯科医院に通うのが面倒だと感じている人にも向いています。忙しい人だと、歯科医院に行く時間がなかなか取れないことも多いですが、その点セルフホワイトニングなら自分のペースで行えるので続けやすいと思います。

まとめ

ホワイトニングは歯科医院で行うと効果は高めですが、料金が高いのがネックになります。安さを重視するなら、セルフホワイトニングや市販のホワイトニンググッズなどが良いでしょう。

セルフホワイトニングや市販のホワイトニンググッズなら、あまりお金をかけずに歯を白くできます。歯本来の色以上に白くすることはできませんが、着色汚れを落としたい人には、リーズナブルでおすすめな方法かもしれません。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。