SELF WHITENING HALLY

【ホワイトニング】歯の矯正中に行う際に注意すべきことを解説!

【ホワイトニング】歯の矯正中に行う際に注意すべきことを解説!

【ホワイトニング】歯の矯正中に行う際に注意すべきことを解説!

2022/02/20

歯列矯正中は、矯正装置が原因で歯が黄ばみやすくなります。もし矯正中に歯の黄ばみが気になった場合、ホワイトニングをすることはできるのでしょうか。 今回は、歯列矯正中のホワイトニングについて解説するといった内容です。ホワイトニングを行うベストなタイミングも紹介するので、「歯列矯正中だけどホワイトニングを受けたい」と考えている方は、ぜひ参考にしてください。

矯正中にホワイトニングは可能か

歯列矯正には、「ワイヤー矯正」と「マウスピース矯正」の2種類があります。マウスピースの場合は食事や歯磨きのときに外すことができますが、ワイヤー矯正は一度装着すると、矯正が完了するまで付けたままが基本となります。

矯正装置を付けたままで食事をするため、歯と矯正装置の隙間に汚れが付きやすく、さらに歯磨きがしづらいので、歯が黄ばみやすくなります。

歯列矯正には数ヶ月~数年の期間を要するのが一般的ですが、矯正中に歯が黄ばんでしまった場合に、「そんなに長い間放置するのはイヤだ」「ホワイトニングしたい」という方もいるでしょう。

しかし、歯列矯正中にホワイトニングができるかどうかは、矯正装置の種類やホワイトニングの方法によって異なります。以下に詳しく解説します。

【ワイヤー矯正の場合】

歯のホワイトニングには主に、「オフィスホワイトニング」「セルフホワイトニング」「ホームホワイトニング」の3種類があります。

・オフィスホワイトニング:歯科医院で歯に薬剤を塗布してもらうホワイトニング
・セルフホワイトニング:自宅やサロンでホワイトニンググッズを使って行うホワイトニング
・ホームホワイトニング:歯科医院で製作したマウスピースに、自分で薬剤を塗布、装着して行うホワイトニング

ワイヤー矯正の場合、どの位置に矯正装置がついているのかによっても、受けられるホワイトニングの種類が変わります。ホワイトニングの種類別に見てみましょう。

・オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯の裏側に矯正装置をつける舌側矯正であれば、矯正中でも施術を受けることが可能です。

表側に矯正装置がある場合、器具が邪魔になってホワイトニング効果が落ちてしまいます。また、歯列矯正中は知覚過敏になりやすいので、濃度が高い薬剤を使うオフィスホワイトニングは歯にしみる可能性があります。

さらにオフィスホワイトニングはホワイトニング効果が高く、矯正装置がついていた部分とそうでない部分の白さに差が出るため、表側矯正中はオフィスホワイトニング不可というクリニックがほとんどです。

・セルフホワイトニング

セルフホワイトニングは、ホワイトニング歯磨き剤を使う程度であれば矯正中でも可能です。サロンでは、矯正中でも施術可能な場合とできない場合があるので、事前に問い合わせてみましょう。

サロンでは歯科医院で使用する、歯を漂白する強力な薬剤が使えません。代わりに歯の汚れを落とす、作用がマイルドな溶液を使用するため、矯正中でも痛みが出にくいというメリットがあります。

また、オフィスホワイトニングほど歯を白くすることができませんが、矯正器具がついていた部分とそうでない部分の違いが比較的わかりにくいのもメリットです。

・ホームホワイトニング

歯にマウスピースを装着して行うホームホワイトニングは、矯正器具が邪魔になってマウスピースがうまく装着できないため、ワイヤー矯正中は利用できません。ホームホワイトニングを行いたい場合は、矯正が完了してからにすることをおすすめします。

【マウスピース矯正の場合】

マウスピース矯正の場合は、自分でマウスピースを外せるため、矯正中でもオフィス、セルフ、ホームホワイトニングのどの方法も利用できます。各ホワイトニングの所要時間の目安は以下のとおりです。

・オフィスホワイトニング:30分~1時間程度
・セルフホワイトニング:30~40分程度
・ホームホワイトニング:1~2時間程度

どの方法でも長時間矯正用のマウスピースを外す必要はありません。矯正用のマウスピースにホームホワイトニング用の薬剤を塗布して、矯正とホワイトニングを同時進行することも可能です。

ただし、矯正用のマウスピースはホワイトニング用のマウスピースよりも硬く、歯に密着するように作られているため、薬剤がはみ出てムラができる可能性があります。矯正とホワイトニングを同時進行したい場合は、歯科医に相談すると良いと思います。

矯正中のホワイトニングはここに要注意!

矯正中のホワイトニングをおすすめできない方や、歯医者さんにより施術ができないケースがあります。 歯に悪影響が出る可能性もあるため、事前にチェックしておきましょう。 

・歯の痛みがある場合

歯列矯正は歯を今の位置から動かすため、痛みが出ることがあります。とくに矯正装置を付けたばかりのときや、調整してすぐは痛みを感じやすい状態です。

そこにホワイトニングの刺激が加わると、激しい痛みを感じる可能性があるため、歯の状態を考慮しつつホワイトニングを行いましょう。

・18歳未満の場合

子どものうちから歯列矯正を始め、歯の黄ばみが気になってきたのでホワイトニングを受けさせたいということもあると思います。。

しかし、歯科医院で使用するホワイトニング用の薬剤は刺激が強く、子どもに使うと歯や歯根の成長を阻害する恐れがあるため、18歳未満のホワイトニングは不可という歯科医院も少なくありません。

子どもの歯のホワイトニングを考えている場合は、年齢制限の確認だけでなく、子ども用にマイルドな薬剤を用意している歯科医院を探しましょう。

歯科医院であれば、適切なホワイトニングの方法や時期を相談できるというメリットもあります。

ホワイトニングを行うベストタイミング

ここまで矯正中のホワイトニングについて解説してきましたが、やはりホワイトニングを受けるなら矯正完了後がおすすめです。

矯正中は、歯並びが原因で薬剤が行きわたらず白さにムラが出る、口呼吸をしているのでホワイトニングをしてもすぐに着色してしまうなどの問題が出てくることがあります。

矯正完了後であれば、歯並びが整っていて薬液が均一に浸透するので、キレイな白い歯を手に入れやすくなります。

まとめ

歯列矯正中にホワイトニングができるかどうかは、矯正装置の種類やホワイトニング方法によって決まります。

マウスピースでの矯正ならとくに問題はありませんが、ワイヤー矯正の場合は矯正装置の位置などでもホワイトニングができるかどうかが変わるので、歯科医師に相談してからの施術をおすすめします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。