SELF WHITENING HALLY

加齢による歯の黄ばみが気になる方!原因に合った対処法を選ぼう その2

加齢による歯の黄ばみが気になる方!
原因に合った対処法を選ぼう その2

加齢による歯の黄ばみが気になる方!原因に合った対処法を選ぼう その2

2022/02/18

 

歯の黄ばみの原因はさまざまなので、黄ばみに対処するためには原因を知る必要があります。歯が黄ばむ理由のひとつが加齢です。加齢以外の原因についても前回お話ししました。本日は、すでについてしまった汚れの対処方法について解説します。

歯を白くしたいときはどうすればいい?

すでについてしまった歯の黄ばみは、いつもの歯磨きでは落ちません。歯を白くするためには、スペシャルなケアが必要となります。

・ホワイトニング効果の高い歯磨き粉を使う

歯を白くする方法といえば、ホワイトニングを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

歯科医師がホワイトニングで使用する薬剤には、歯の色素を分解する「過酸化水素」が配合されていますが、これを取り扱うには歯科医師免許が必要です。そのため、市販の歯磨き粉に過酸化水素が配合されたものはありません。

とはいえ、市販の歯磨き粉でも期待できるものもあります。歯の表面をコーティングしてくれる「ポリリン酸ナトリウム」や汚れや着色を防ぐ「ヒドロキシアパタイト」などが含まれている商品が該当します。

それらの成分が配合された歯磨き粉を使うと、歯本来の白さに近づけてくれるため、歯の黄ばみ対策に効果的です。

市販のホワイトニング効果の高い歯磨き粉の中には、汚れを落とすために研磨剤を入れたものもあります。研磨剤を使用した歯磨き粉は、歯のエナメル質を傷つける要因となるため、低研磨性のものか研磨剤不使用のものを選ぶと良いでしょう。

 

・ホワイトニングをする

歯を白くしたいなら、歯の黄ばみを分解して歯本来の自然な白さへと近づけるホワイトニングを検討しましょう。

ホワイトニングには、複数の種類があります。

・オフィスホワイトニング(歯科医院で行う)
・ホームホワイトニング(自宅で行う)
・デュアルホワイトニング(オフィスとホームを組み合わせたもの)
・セルフホワイトニング(サロンで行う)

どのホワイトニング方法を選ぶかで費用や効果が異なるため、自分に合ったホワイトニング方法を選ぶことをおすすめします。

まとめ

加齢による歯の黄ばみは、歯のエナメル質が薄くなること、象牙質の色が濃くなること、また、歯の亀裂に色素が入り込んだことなどが原因です。また、加齢以外にも歯の黄ばみの原因はあるので、自分の歯の黄ばみの原因は何なのかまずは見極めることが大切です。

その上で適切な対策を講じることで、歯の黄ばみの改善や予防を行うことができます。地道な歯のケアが歯の美しさの維持につながるので、ていねいなケアを続けてみましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。