SELF WHITENING HALLY

妊娠中でもホワイトニングはできる?妊婦さんにおすすめホワイトニング方法

妊娠中でもホワイトニングはできる?
妊婦さんにおすすめホワイトニング方法

妊娠中でもホワイトニングはできる?妊婦さんにおすすめホワイトニング方法

2022/08/30

 

歯を白く綺麗にしたいけど、妊娠中にホワイトニングはできる?と疑問に思う方は多いのではないでしょうか。 妊娠中でも歯を白くしたい!という方のために、こちらの記事では、妊娠中のホワイトニングについて詳しく解説していきます。

妊娠中のホワイトニングは控えるのがおすすめ

妊娠中でも歯科医院で虫歯などの治療を受けることができますが、妊婦さんが避けた方がいい治療の中のひとつにホワイトニングが挙げられます。 なぜ妊娠中はホワイトニングを避けた方がよいのでしょうか。

薬剤が胎児に影響を与える可能性がある

歯科医院のホワイトニング剤で使用される過酸化水素や過酸化尿素などの過酸化物は、胎児への影響が明確ではありません。

そのため、妊娠中は歯科医院での過酸化物を用いたホワイトニングは、安全のためにも控えた方がよいとされています。

また、妊娠中だけではなく、授乳中も薬剤が乳児に影響を与える可能性があるため、産後も注意が必要です。

妊娠中は口内トラブルが起きやすい

妊娠中はホルモンバランスの変化に伴い、身体だけではなく、お口の中にも変化が現れます。

歯茎が腫れやすくなり、唾液の性質の変化や分泌量が低下するため、虫歯や歯周病のリスクが通常よりも高くなりやすい傾向にあります。

ほかにも、妊娠中はつわりで思うように歯磨きができなかったり、食べ物の嗜好の変化で甘いものを多く摂取したり、食事回数の増加によっても虫歯などのリスクが高くなりやすいです。

また、お口の中にトラブルがある状態でホワイトニングを行うと知覚過敏の原因にもなります。歯の健康のためにも、ホワイトニングは控えた方がいいでしょう。

妊娠に気付かずホワイトニングをしてしまったら?

上記の理由から、妊娠中はホワイトニングを控えるべきですが、もしも妊娠に気付かずホワイトニングを行ってしまった場合は、安全のためにも中断するようにしましょう。

気付かずにホワイトニングを行ってしまうと、とても不安な気持ちになるかと思いますが、1回程度であれば影響はほとんどないとされています。

考えすぎると返ってストレスになってしまうため、できるだけ気にしないようにして、まずは歯科医院に相談しましょう。

妊娠中でも安全なホワイトニングの方法は? 

妊娠中は歯科医院での過酸化物を用いたホワイトニングは控えた方がいいですが、妊娠中でも安心して行えるホワイトニング方法があります。

歯科医院で歯のクリーニングを行う

歯科医院で専門の器具を使用し、クリーニングを行うことによって、自分では落とすことのできない歯石やステインなどの着色を除去することが可能です。

クリーニングで歯の色自体を白くすることはできませんが、汚れを除去することで、歯を本来の白さに近づけることができます。

ホワイトニングサロンに通う

お口の中に触れることができるのは、有資格者である歯科医師、または歯科衛生士と法律で定められています。そのため、ホワイトニングサロンでは基本的に自分で施術を行います。

また同じように、歯科医院のホワイトニングで使用されている過酸化物を含む薬剤も、有資格者でなければ取り扱いができないことになっています。

そのため、歯科医師や歯科衛生士のいないホワイトニングサロンでは、過酸化物を使用していません。

代わりに、溶剤を使用しており、胎児への悪影響もないとされているため、妊娠中でも安心してホワイトニングを受けることができます。

歯科医院に比べてホワイトニングの効果はあまり期待できませんが、歯科医院よりも安価で施術を行うことができます。

妊娠中でも利用できるかどうか、一度ホワイトニングサロンに確認してみるといいでしょう。

市販のホワイトニング用品を使う

ご自身で手軽に行えるホワイトニング方法として、市販のホワイトニング用品を使用するという方法があります。

歯のマニキュアを使用する

歯の表面に歯科専用のマニキュアを塗布することによって、歯を白くすることができます。
効果は一時的なものではありますが、すぐに歯を白くしたいという方や、急を要する場合にはおすすめです。

ホワイトニング歯磨き粉を使用する

市販のホワイトニング歯磨き粉には、過酸化水素や過酸化尿素などの過酸化物は使用されていません。

そのため妊娠中でも安心して使用することができます。しかし、ここで気を付けたいのが海外のホワイトニング歯磨き粉です。海外のホワイトニング歯磨き粉は、一部、過酸化物が使用されているものもあるので注意が必要です。

ホワイトニング歯磨き粉にはいろいろなものが存在しますが、研磨材が入っているものは歯の表面を傷つけてしまい、知覚過敏の原因にもなるため、あまりおすすめしません。

ホワイトニング歯磨き粉を使用する際は、研磨剤が未使用で、ホワイトニング効果のある成分が配合された歯磨き粉がおすすめと言えます。

まとめ

妊娠中は歯科医院での過酸化物を用いたホワイトニングは、胎児に影響がでる可能性があるため、行うことはできませんが、そのほかのホワイトニング方法で安全に歯を白くすることができます。

歯科医院でのホワイトニングに比べると効果は劣りますが、継続することによって歯を白く綺麗にすることが可能です。

上記で説明した歯科医院でのクリーニングやサロンでのホワイトニングと一緒に、ホワイトニング歯磨き粉を並行することで、より効果を得ることもできます。

妊娠中でもホワイトニングを行いたいという方はぜひ試してみてください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。