SELF WHITENING HALLY

綺麗な歯にしたいのならセラミックかホワイトニング!生活習慣も重要

綺麗な歯にしたいのならセラミックかホワイトニング!
生活習慣も重要

綺麗な歯にしたいのならセラミックかホワイトニング!生活習慣も重要

2021/12/12

 

「鏡を見るたびに歯の黄ばみが気になる」「笑うときに歯の汚れが気になる」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。しかし、1度黄ばみや汚れがついてしまうと、普段どおりのお手入れではなかなか綺麗になりません。 そこで今回は、綺麗な歯にするための具体的な方法を紹介します。綺麗な歯を維持するために心がけたい生活習慣も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

綺麗な歯にする方法は大きく分けてふたつ

綺麗な歯にする方法は、大きく分けて「セラミック」か「ホワイトニング」の2種類です。それぞれの方法について、くわしく見ていきましょう。

セラミック

セラミックとは、歯の表面にセラミック製の被せものをする方法です。芸能人には歯が真っ白で綺麗な人がたくさんいますが、実はセラミックで白くしている人が数多くいます。

セラミックの大きなメリットは、歯の色や形を自分好みにできることです。また、変色しづらい素材を使用するため、白く美しい歯を長期間維持できるというメリットもあります。

しかし、セラミックを被せるには歯を削ったり神経を抜いたりする必要があり、健康な歯にダメージを与える可能性があるというデメリットがあります。

また、担当医の技術力によって仕上がりに差が出るため、確実に満足のいく歯が手に入れられるとは限りません。施術費用の相場が7万~20万円程度と高額で、お金がかかるという点もデメリットです。

セラミックには健康保険が適用されるものもあるので、それを選べば費用は抑えられますが、保険適用のセラミックは経年劣化しやすいというデメリットがあります。

ホワイトニング

ホワイトニングとは、薬剤を使って歯石や歯の表面の汚れを取り除くことで綺麗な歯にする方法です。

ホワイトニングには、大きく分けて「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2種類があります。それぞれの詳細について、下記にて解説します。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医院に出向いて行うホワイトニングです。歯科医師が専用の薬剤を使って歯を白くします。

強い薬剤を使うので即効性があるのですが、効果は3~6ヶ月程度しか持続しないといわれているため、定期的な通院が必要です。

また、施術費用の相場が1回あたり1万~7万円程度と高額で、健康保険適用外の施術なので全額自己負担になります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、自宅で行うホワイトニングです。一般的には、歯科医院でオーダーメイドのマウスピースを作ってもらい、それに自分で薬剤を塗布して装着する方法を指します。

マウスピースの装着時間は1~2時間程度で良いので、仕事や学校があっても問題はありません。オフィスホワイトニングと比較すると効果は出にくいですが、じっくりと薬剤を浸透させるので効果が長持ちします。

費用はマウスピースの製作費を含めて1.5万~3万円程度で、薬剤を追加購入すると都度費用がかかります。

また、店舗によってはオフィスホワイトニングを行った後でホームホワイトニングを行うデュアルホワイトニングという方法もあります。短期間で歯を白くして持続できるというメリットがありますが、そのぶんコストが高く5~8万程度必要になります。

きれいな歯を維持する生活習慣

セラミックやホワイトニングできれいな歯にすることは可能ですが、今以上に歯が汚れないような生活を心がけることも大切です。

きれいな歯を維持する生活を心がけていれば、セラミックやホワイトニングの効果を長持ちさせることにもつながります。具体的に何をすれば良いのか、詳しく見ていきましょう。

歯磨きをきちんと行う

きれいな歯を維持するための基本は、毎日の歯磨きです。歯が黄ばんだり汚れたりする原因のひとつに、食べ物のなかに含まれる成分が唾液の酵素で変化したもの(ステイン)や酸などがあります。

歯磨きをしてこれらの原因物質を取り除くことで、綺麗な歯を保つのです。何となく磨くのではなく、歯と歯茎の境目や歯間の汚れもしっかり落としましょう。歯ブラシが届かない箇所の汚れは、歯間ブラシを使って落としてください。

食べ物に気を付ける

歯の汚れの原因になる食べ物ですが、摂取する食べ物によって虫歯予防になることもあります。

たとえばひじきやゴボウ、セロリなどの野菜の繊維質は、歯に付着しにくく、飲み込むためにたくさん噛むので、唾液の分泌を促進して虫歯予防にも役立ちます。

また、カルシウムは歯や骨を作るはらたきがあるため積極的に摂取すると良いでしょう。

ほかにも、リンゴに含まれるリンゴ酸はピーリング剤でもよく使用される成分で、歯の色素沈着や黄ばみを予防するのに役立つかもしれません。

歯の汚れになる原因物質の摂取量を減らす

歯の黄ばみや汚れの原因物質の摂取量を減らすことも重要です。とくにコーヒーやチョコレート、赤ワインなどは、摂取量が多いと歯の黄ばみやすくなるので注意しましょう。

また、食べ物に酸が含まれている場合は、食後一時的に歯の表面が柔らかくなります。

歯の黄ばみや汚れの原因物質を歯磨きで落とすのは重要なことなのですが、歯の表面が柔らかいうちに歯磨きをすると歯の表面が剥がれてしまうので、食後30分ほど待ってからにしましょう。どうしても口のなかが気になる場合は、水でゆすぐのがおすすめです。

喫煙は控える

タバコに含まれるヤニは歯の汚れの原因になりやすく、落としにくいという特徴があります。タバコを吸っている人で歯の汚れが気になっているのであれば、まずは喫煙を控えることが重要です。

まとめ

綺麗な歯にする代表的な方法として、セラミックとホワイトニングがあります。どちらの方法もメリット・デメリットがあり、それなりに費用がかかるので、施術方法や費用についてよく調べてみることが大切です。

また、普段から綺麗な歯を維持できるような生活を心がけることも重要です。ていねいに歯磨きをする、歯の汚れにつながる食べ物を避けるなど、できることから始めてみましょう

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。