SELF WHITENING HALLY

歯の磨きすぎはダメ!トラブルを回避する正しい磨き方とは(後編)

BLOG

歯の磨きすぎはダメ!トラブルを回避する正しい磨き方とは(後編)

2022/01/08

 

歯磨きをしっかりとやっているのに歯が痛い場合、虫歯でなければ歯の磨きすぎが原因かもしれません。 この記事では、歯の磨きすぎが良くない具体的な理由について解説します。今回は正しい歯磨き方も紹介するので、参考にしてみてください。

歯磨きの3つのポイントを押さえよう!

歯磨きの方法を工夫すると、磨きすぎを予防することができます。「自分は磨きすぎかも?」と感じる方は、以下のポイントを意識して歯磨きしてみましょう。

磨く順番を決めよう!

磨く順番を決めておくことにはふたつのメリットがあります。ひとつは、順番通りに磨くことで「磨き残しが少なくなる」こと。もうひとつは、「特定の歯の磨きすぎを避けることができる」ということです。

順番を決めておかないと、つい磨きやすい前歯に圧がかかりすぎたり、磨きにくい奥歯の裏などが磨けていなかったりということが起こります。
そのような事態を避けるために、磨く順番を決めておき、順番どおりに磨いていきましょう

磨く順番は、「頬側の歯(歯の表側)を右から左に、舌側の歯(歯の裏側)を左から右に」という風に決めておきます。
たとえば、下の右奥から前歯にかけて頬側の歯を磨いていき、その後左奥へと磨いていきます。頬側の歯を磨き終えたら、今度は舌側の歯を左奥から前歯、右奥へと磨いていきましょう。
下の歯をすべて磨き終えたら、今度は上の歯を左奥から右奥へと同様に磨きます。頬側の歯をすべて磨いたら、裏側も順番に磨きましょう。

このように、順番を決めておくと、磨き残しや同じ歯を磨きすぎてしまうことを防ぐことができます

時間をかけて磨こう!

歯磨きは、歯ブラシを小刻みに動かし、丁寧に時間をかけて行いましょう。面倒だからとゴシゴシと数本まとめてブラッシングすると、1本1本の歯は丸みを帯びているため、ブラシが当たらずに磨き残しが出てしまいます。

「磨き残し」や「同じ部分だけを磨きすぎ」などを防止するためには、1本ずつ時間をかけて磨いていくのがおすすめです。5~10分ほどかけて丁寧に磨きましょう。

時間をかけて磨こう!

歯磨きは、歯ブラシを小刻みに動かし、丁寧に時間をかけて行いましょう。面倒だからとゴシゴシと数本まとめてブラッシングすると、1本1本の歯は丸みを帯びているため、ブラシが当たらずに磨き残しが出てしまいます。

「磨き残し」や「同じ部分だけを磨きすぎ」などを防止するためには、1本ずつ時間をかけて磨いていくのがおすすめです。5~10分ほどかけて丁寧に磨きましょう。

正しい磨き方を実践しよう

歯の磨き方には、大きく分けて「スクラビング法」「バス法」「フォーンズ法」の3つがあり、歯の状態によってそれぞれ使い分けるのが正しい磨き方です。

以下に3つの磨き方の特徴を紹介するので、自分の歯の状態に合った方法を実践してみてください。

スクラビング法

一般的に、歯茎への刺激が少ないとされているのが、スクラビング法という磨き方です。ペン持ちで歯に対して毛先を直角にあてて小刻みに磨いていくので、歯の表面をきれいに磨くことができます。

バス法

バス法は、歯周病や歯肉炎にかかっている人など、歯茎にトラブルがある人に適している磨き方です。歯と歯茎の間に毛先をあてて左右に小刻みに動かすので、歯周ポケットの汚れをかき出すことができます。

歯茎のマッサージにもなるため、歯茎を傷つけないように毛が柔らかい歯ブラシを選ぶのがおすすめです。

フォーンズ法

力加減が難しい子どもや高齢者に適している磨き方がフォーンズ法です。上下の歯を噛み合わせた状態で歯に対して歯ブラシを直角にあてて、円を描くように磨いていきます。

ここまでで、3つの磨き方について簡単に紹介しましたが、どの方法も強く磨きすぎないことが大切です。加えて、磨き残しがないように時間をかけて丁寧に磨きましょう。

まとめ

本来は歯を健康に保つことが目的なのに、つい磨きすぎてしまって知覚過敏や歯茎が下がってしまっては本末転倒です。
一度傷ついたエナメル質や下がってしまった歯茎は元に戻りませんが、正しい磨き方をマスターすることで症状の悪化を防ぐことはできます。

この記事で紹介した歯磨きのポイントを意識して、毎日の歯磨きを見直してみましょう。痛みなどの症状があるなら、歯科医院で歯と歯茎の状態を診てもらうのがおすすめです。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。