SELF WHITENING HALLY

ホワイトニングの失敗談・デメリットとその原因に迫る

歯医者で行うホワイトニングの失敗談

歯医者で行うホワイトニングの失敗談

2021/12/25

「歯のホワイトニングをやってみたい」と思う人は美容に興味のある人だととても多いです。綺麗な歯であれば笑顔にも自信が持てる上、気持ちも明るく前向きになれます♪

昨今 ホワイトニングができる場所はどんどん増えてきており、気軽に施術できるようになってきました。歯医者さんだけでなく、美容サロンやネイルエステ、整体院や美容院などでも行えるホワイトニングも登場しています!より身近な【美容】としてホワイトニングというジャンルも注目されています。

しかし、ホワイトニングを受ける敷居が低くなってきた半面、「自分の思っていた色味と仕上がりとが全然違う!」「失敗しちゃった」「歯が痛くなった」など、良い面だけではない裏の声もあるのもまた事実です。そこでこちらの記事ではホワイトニングで失敗談や失敗してしまう理由について掲載していきたいと思います。

事前に知っておきたい点

失敗談を話す前に事前に皆さんに知っておいて頂きたい点があります。

基本的に歯医者でホワイトニングを行う際に使用する歯に塗布する薬剤は【過酸化水素水】は劇物指定されている取り扱い危険なものになります。

一般では購入できず、法に則った手順でないと購入することが出来ません。さながら歯医者さんのような医療機関などでの専門家がいる場所での取り扱いとなります。

メリットは漂白効果が非常に高い点、そしてデメリットもまた効果が非常に高い点。。。それは一体なぜ?下記をご覧頂ければその理由がおわかり頂けるかと思います。

歯医者で受けたホワイトニングでの失敗談集

歯・歯茎が痛むようになった💦

施術前は普通だったのに、施術後に痛むようになってしまった…。

これは一時的に知覚過敏になっている可能性が考えられます。歯の表面にはペリクルと呼ばれる歯の表面を保護する膜があります。
このペリクルがホワイトニングの薬剤によって破壊されてしまい、歯が無防備な状態となります。

その結果、歯自体が刺激を受けやすくなったり、冷たい食べ物や飲み物で歯がしみて痛い、ひどい場合は常温の水を飲んだり、息を吸うだけでも知覚過敏が生じてしまうというような症状が💦

歯の色にムラができてしまった💦

歯の元々の状態によってホワイトニング施術後の色にムラが出ることがあります。

パッと見た感じでは同じに見えても、実際は歯一本ずつそれぞれに状態が違うため、薬剤の浸透もそれに合わせてばらつきが生じます。
そうなると、施術後の結果にも差=色ムラが出てきてしまうことがあります。

ホワイトニングは通常数回に分けて行うため、その都度色ムラを補正するように施術を受けることで改善されますが、この点に関して言えば施術者の腕にもよります。こればかりは事前に口コミを見てみたりして判断してもらうほかありません💦

また、元々歯に斑点などの色ムラがあったりすると、ホワイトニングを重ねるごとに逆に目立ってきてしまうケースもあります。
さらに、ホワイトニングでは銀歯やセラミックなどの詰め物を白くすることはできないため、詰め物との色の差が目立つことがありますが、これは致し方ない点ではあります。
 

歯が逆に黄ばんでしまった💦

歯を守っているペリクルはホワイトニングを行う際に使用する過酸化水素水で破壊されてしまいます。
そしてその結果、ペリクルがなくなった歯は無防備な状態になり、前述で述べた知覚過敏が生じたり、そしてもう一つ、【着色汚れが付きやすく】なります。
ただし、【ペリクルは再生します】。しかしながら再生にも時間がかかるめ、その隙に着色汚れで歯が黄ばんでしまうのがその原因でもあります。

この問題が、歯医者でホワイトニングを行った際に指定される【食事制限】の理由でもあります。

だからこそオススメできる当店のセルフホワイトニング

こちらの記事を読んで、【ホワイトニングって怖い】【ホワイトニングって…危険?​​​​】と不安を感じた方もいらっしゃると思います。

だからこそ自信を持ってオススメできるのが当店のセルフホワイトニングです。

当店のセルフホワイトニングは漂白とは異なり、歯に付着・沈着した汚れや色素を浮かして落とすことにより、歯が本来持つ白さへ導きます。
もちろん過酸化水素水を使っていないため、歯を痛めることもございません!さらに、セルフホワイトニング後に食事制限を強いることもございません。
美容に興味のある世代のお客様だけでなく、お子様でも安心・安全にご利用頂けます。

この機会に少しでも興味を持って頂いた方にぜひ当店のセルフホワイトングを受けて頂いて、【歯の本当の美しさ】を実感してもらえればと思います!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。