SELF WHITENING HALLY

歯の着色原因と解消法

歯の着色原因と解消法

歯の着色原因と解消法

2021/12/20

「歯には気を使っている方なのに、黄ばみが気になる…」
「マスク生活になって、匂いが気になるようになった…」

そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?
それって、もしかすると歯の着色汚れが原因かもしれません。
着色汚れは歯みがきでは落としにくく、しかも息の匂いも着色汚れの原因と深いつながりがある場合があります。

歯の着色汚れ「ステイン」とは、食物の中に含まれるポリフェノール類と、歯の表面にあるエナメル質を覆っているペリクルというタンパク質が結びついたものです。
ポリフェノールを多く含む食物を食べたり飲んだりすることで、口の中でステインができやすくなり、その結果、 歯が黄ばんだりくすんだりしてしまうのです。ステインの原因になりやすいポリフェノールを多く含む食品はこのようなものがあります。

ポリフェノールを多く含む食品

 ・コーヒー
 ・カレー
 ・チョコレート
 ・お茶
 ・赤ワイン

ほかにも、意外なところですと大豆製品バナナなどもステインの原因になりやすいとされています。

また、タバコのヤニは上記の食品よりも強力なステインができやすく、注意が必要です!

それでは、その歯の着色汚れの代表的な解消法をいくつかご紹介させて頂きます。

着色汚れの解消法

セルフケア

自分でできて、一番手軽に始められます。

ホワイトニング用の歯磨き粉やホワイトニングキットなどの、自身でできる
製品を使用して白い歯を目指すものです。

今は電動歯ブラシにステイン除去機能がついているものもあるそうですよ!

金額も手軽に手を出しやすい価格のものが多いのもありがたいところ。

歯医者

歯医者さんで行うホワイトニングはたしかに効果が高く、かなり白くなります。不自然なほどに。(ん?なんかこの人の歯、ビックリするくらい白いなぁ)と感じたことはありませんか?目を引くほど不自然な白さは、逆に違和感しかありません。

また、即効性があまりに高い代償に、知覚過敏になってしまった事例が後を絶ちません。それもそのはず。医療機関で行うホワイトニングは、劇薬を使用しているのが原因です。即効性は確かに高くかなり白くなりますが、リスクが高いのが医療機関でのホワイトニングのデメリットとも言えます。

サロンや専門店に行ってホワイトニングを行う

当店でもお取り扱いのあるセルフホワイトニング。

お手軽にみなさまに体験して頂きたいのでセルフホワイトニングを実装しました。

当店のセルフホワイトニングは、漂白剤不使用で歯が痛くならず、さらには食事制限もありません。そして、歯の持つ自然な白さへ導きます。

安心安全な溶液を使用しているため、お子様でも安心してご利用頂けるセルフホワイトニングです。短時間で行えるので、買い物の隙間時間などにもオススメです♪


 

いかがでしたでしょうか?
歯の着色汚れの原因とその解消法。お客様それぞれに合ったものを選択して頂ければとは思いますが、この記事を書いている私自身市販のホワイトニング効果のある歯磨き粉で一カ月以上使ってみたものの、実感が正直ありませんでした。もしかするとですが、少しは明るくなったのかもしれませんが、毎日の極微妙な変化に気づけなかっただけかもしれません。
当店のセルフホワイトニングは、一回のご利用でも効果を実感できるほど色味が変わるケースもございます!少しでもホワイトニングに興味を持たれた方がいらっしゃいましたらぜひお気軽にご利用頂ければと思います。

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。